山田吉彦

海洋に関わる様々な問題を多角的な視野に立ち分析。実証的現場主義に基づき、各地を回り、多くの事象を確認し人々の見解に耳を傾ける。過去を詳細に検証し分析することは、未来を考える基礎になる。事実はひとつとは限らない。柔軟な発想を心掛ける。常にポジティブな思考から、明るい次世代社会に向けた提案を続ける。

東海大学海洋学部教授、博士(経済学)、1962年生。専門は、海洋政策、海洋経済学、海洋安全保障など。1986年、学習院大学を卒業後、金融機関を経て、1991年、日本船舶振興会(現日本財団)に勤務。海洋船舶部長、海洋グループ長などを歴任。勤務の傍ら埼玉大学大学院経済科学研究科博士課程修了。海洋コメンテーター。2008年より現職。

このリポーターの記事

山田吉彦が投稿しました!
山田吉彦が投稿しました!
山田吉彦が投稿しました!
山田吉彦が投稿しました!
山田吉彦が投稿しました!
山田吉彦が投稿しました!
山田吉彦が投稿しました!
山田吉彦が投稿しました!
山田吉彦が投稿しました!
山田吉彦が投稿しました!