中心市街地に巨大な縁起物

カテゴリ:地域

多くの観光客を招きいれようと大分市の中心部に巨大な縁起物が登場しました。子供たちの視線の先にあるのは体長10.4メートルもある巨大な寝ころび招き猫「福猫ふくにゃん」です。その手に掲げているのは英語で「トライ」の3文字。元々は国民文化祭の記念事業として制作され豊後大野市の朝倉文夫記念館に設置されていましたがラグビーワールドカップで訪れる多くの観光客をもてなそうと大分市の中心部にやってくることになりました。この「福猫ふくにゃん」は県産のスギなどで作られていて重さが8トンもあるため引っ越し作業はクレーンなどを使って慎重に行われました。除幕式で広瀬知事は「ラグビーワールドカップで県内に多くの人を招きいれ大きな福をもたらしてほしい」と招き猫効果に期待をよせていました。「福猫ふくにゃん」はラグビーワールドカップが終わる11月末まで展示される予定です。