まんが甲子園出場校決まる 国内30校、海外3校が8月の本選へ 【高知】

高校ペン児たちの熱い夏はもうすぐです。8月に高知市で行われるまんが甲子園の出場校が決定しました。

厳粛な雰囲気で行われたまんが甲子園の予選審査会。28回目の今年は海外28校を含む270校がエントリーしました。シンガポールからは過去最多の7校が応募。年々、海外からの注目も高まっています。

今年のテーマは「自動運転」と「スーパーボランティア」。日高村出身のくさか里樹さんら6人の漫画家が気に入った作品に投票していきました。

予選の結果 国内から30校、海外から3校の合わせて33校が本選に出場することに。高知県内からは去年のまんが甲子園で最優秀賞に輝いた高知商業と、3年ぶりの出場となる明徳義塾の2校が選ばれました。

まんが甲子園の本選は8月3日と4日に高知市のかるぽーとで行われます。