「越前萬歳」を紹介する展示~県立歴史博物館

福井テレビ カテゴリ:地域

新年を祝う芸として、福井県越前市味真野地区に古くから伝わる古典萬歳「越前萬歳(えちぜんまんざい)」を紹介する企画展が福井県立歴史博物館で3日から始まりました。

越前萬歳は「摺り太鼓」を用いるのが特徴で、継体天皇にまつわるという伝説もあり、全国でも数少ない古典萬歳として国の重要無形民俗文化財に指定されています。

企画展には越前萬歳のワンシーンを描いた江戸時代の絵馬や、坂井市坂井町が舞台の実話の演題にまつわる資料など約70点が展示されています。資料によりますと、少なくとも江戸時代中期には、味真野地区の人々が新年に越前の家を回り、越前萬歳を披露したことがわかります。

企画展は2月26日までです。