W杯に向けて 風呂桶でフロラグビー

カテゴリ:地域

別府市で4日、ラグビーワールドカップに向けたユニークなイベントが行われました。JR別府駅前に浴衣やバスタオル姿の人たちが集まり、突如スクラムを組み、風呂桶をパスし合いながら前へ前へと進んでいきます。参加者が行っているのは、その名も「フロラグビー」です。別府市は、2019年9月に開幕し、大分県内でも5試合が行われるラグビーワールドカップの公認キャンプ地となっていて、2019年1月には、温泉にまつわる道具などを使ってラグビーを行うというユニークな動画を公開しました。フロラグビーは、この動画をモチーフに行われ、子供や女性を含む約50人が参加しました。参加者が目指すのは、ラグビーの聖地「花園」ではなく、別府駅から約500m先にある「梅園」温泉です。ラグビーと同様、風呂桶を地面に落としたら、スクラムを組んで再開。時には、タックルを受けながらも「梅園」を目指します。最後は、足湯にトライ。ユニークな形でラグビーに親しんだ参加者たち。

ワールドカップに向けて更なる盛り上がりが期待されます。