「単位落とすと“留年”の可能性あり困っていた」名城大学で准教授をハサミで刺し逮捕の学生

カテゴリ:国内

 名古屋市の名城大学でリポートの提出を巡るトラブルから准教授がハサミで刺された事件で、逮捕された学生が「単位を落とすと留年の可能性があり困っていた」と供述していることが分かりました。

 名城大学理工学部3年の野原康佑容疑者(22)は1月10日、研究室で男性准教授(40)の首などをハサミで刺した殺人未遂の現行犯で逮捕され「『リポートの提出期限を守らなければ単位をあげない』と言われ腹が立った」と供述しています。

 その後の捜査関係者への取材で、野原容疑者が「単位を落とすと留年の可能性があり困っていた」とも供述していることが新たにわかりました。

 野原容疑者の家族によりますと、野原容疑者は大学3年に進級する際に留年していて、警察は単位取得を巡る事情が犯行の動機に繋がったとみて調べています。