日南市南郷町 めいつ美々鯵 自動脂質選別機を導入

テレビ宮崎 カテゴリ:地域

日南市南郷町で売り出している、めいつ美々鯵は、今年、販売を始めて3回目のシーズンを迎えます。

今シーズンは、全国で初めて、アジの脂の量を計り自動で選別する機械を導入し、販売に力を入れることになりました。

日南市南郷町の漁業関係者でつくる「めいつの魚ブランド化推進協議会」では、3月から6月にかけて定置網で捕り、目井津港で水揚げされた90グラム以上のマアジを、2年前に めいつ美々鯵としてブランド化しました。

去年からは、脂の量が7パーセント以上のものをワンランク上のブランド「めいつ美々鯵 三ツ星」として売り出しています。

きょうは、南郷漁協の市場にアジの脂の量を自動で計り選別する機械が導入され、関係者が使い方の指導を受けました。

市場に、このような機械が導入されるのは、全国で初めてです。

また、測定の精度を高めるためには、データの蓄積が必要で、機械の使用は、宮崎大学との共同研究で行われます。

「めいつ美々鯵 三ツ星」の去年の出荷量はおよそ2トンで、販売は主に県内向けでした。

推進協議会では、選別の自動化で出荷量を増やし、首都圏にも販路を拡大する予定です。

めいつ美々鯵の出荷は、来月15日から始まります。