中日の新人合同自主トレスタート!山本昌注目はドラフト5位の“菰野高校・岡林” 「動きがいい」

 ドラゴンズの新人合同自主トレがスタートしました。

 11日から始まった、ドラゴンズの新人合同自主トレ。初日には与田監督も視察に訪れ、ルーキーたちを激励しました。

 注目はやはり「2番」のビブスをつけたドラフト1位、東邦高校の石川昂弥選手です。ティーバッティングでは、早速持ち前の力強いスイングを披露しました

石川昂弥選手:

「与田監督が初日から見に来てくださったので、しっかりとアピールしたいなという思いで挨拶しました。キャンプに一番いい状態で入れるように、この約一か月間、しっかりと取り組みたいなと思います」

 また、入団前から注目を浴びていた、名古屋大学初のプロ野球選手、松田投手も参加。プロの練習を初めて経験した感想は…?

松田亘哲投手

「周りの方が多く自分たちのために動いてくださっているので、その中で練習させてもらえるというのはすごいうれしいことです。自分はまだ育成選手で、目標としては支配下登録なので、それに向かって自分ができることをやろうと思います」

 そんな中、初日から早速グラウンドに姿を見せたのは山本昌さん。今年のルーキー、注目の選手は…?

山本昌さん:

「初日の感想なんですけども、みんな物怖じしませんね。私は初日はフワフワして何も覚えていなかったです。今の子はすごいです。

 私がパッと見て動きがいいなと思ったのは、岡林選手(三重・菰野高校)なんですよ。ピッチャーで登録してますけども、俊敏さとか体の動きは、野手になっても十分いけるんじゃないか。肩も強いですし、投げるボールも強いんでね、楽しみだなと思いました。バッターとしてもすごく高い評価をされてドラゴンズに入団しまして、キャッチボールを見せてもらったんですけど、ピッチャーとしても非常に強いボールを投げるなという感じがありました。

 他には育成の松田投手が、退路を断って『育成でも』と思ってくれてる選手なんですけど、キャッチボールがいいんですよ。投げ方も球の質もいいので、ちょっと化けたら早くに出てくるんじゃないかなという感想を持ちました。順調にいったら(支配下登録)いけると思います」