2000年前の古代種が清らかな大輪の花 休耕田利用の池でハスが見頃 静岡・南伊豆町

テレビ静岡 カテゴリ:地域

南伊豆町ではハスの花が見頃を迎え訪れた人が美しい大輪の花を楽しんでいます。

南伊豆町は、かつて「蓮池」が点在し池を結ぶ道が「万葉・ハスの道」と呼ばれていましたが、現在では加納地区の池だけになっています。

この池は17年前に休耕田を利用して作られ、2000年以上前の古代種「オオガハス」が見頃を迎えています。

訪れた人たちは咲き揃った大輪の花を眺めたり写真を撮ったりして楽しんでいました。

訪れた人「前回、まだあまり咲いていなかったので咲いた時に見たいなと思って。最高ですよ。こういうのが何もない所に、埼玉の真ん中にいたので」「綺麗ですよね。ハスの花は好きなんですよ、小さい頃から」

ハスの花は今後も次々に開花し、来週くらいまで楽しめそうだということです。