閉校する小学校で最後の卒業式 退職の校長先生にもサプライズ

テレビ熊本 カテゴリ:地域

今年度で閉校する阿蘇市の山田小学校で14日、最後の卒業式が行われ、加来直央弥くんと村上天さんが6年間過ごした学びやから旅立ちの日を迎えました。小野正治校長が2人に卒業証書を手渡し「夢に向かって笑顔を輝かせ、山田小学校最後の卒業生の誇りと自覚を持って大きく羽ばたいてください」と式辞を述べました。二人も「今までありがとう」(加来くん)「保育園から長い間ありがとう。中学校でも元気で頑張ってほしい」(村上さん)と別れの言葉をかけ合います。式終了後、思いがけないサプライズが…。今度は今年度で退職する小野校長の〝卒業式〟です。卒業生2人が小野校長に〝卒業証書〟を手渡しました。「本当にびっくりした。まさか私の〝卒業式〟をやってもらえるとは…。144年の歴史あるところを最後にお手伝いさせていただいたので、思い出に残る」と小野校長。山田小は144年の歴史に幕を閉じ、在校生24人は4月から統合した阿蘇市の内牧小学校に通います。