「女の子のむせた顔見たかった…」スーパーで子供近くに“催涙スプレー”か 営業妨害の疑いで25歳男逮捕

カテゴリ:国内

 今年8月、岐阜県北方町のスーパーで、客ら11人が体調不良を訴え搬送された事件で、警察は催涙スプレーを撒いて店の営業を妨害したとして、25歳の男を逮捕しました。

 逮捕されたのは北方町の無職の男(25)で、今年8月、北方町高屋太子のスーパー「カネスエ北方店」で催涙スプレーを撒いて店の営業を妨害した疑いが持たれています。

 この事件では、子どもを含む客と従業員あわせて11人が喉の痛みなどを訴えて病院に運ばれたほか、店は全商品を廃棄するなど2日間営業を休止していました。

 警察によりますと、男は店内にいた女の子の近くに催涙スプレーを噴射したとみられ、「女の子のむせた顔が見たかった」と容疑を認めています。