“エンジン始動”も可能に…車の盗難防止装置解除する『キープログラマー』不正所持 32歳男逮捕

カテゴリ:国内

 盗難防止システムが付いた自動車の盗難を可能にする電子機器を所持していたとして、愛知県春日井市の自動車修理販売業の男が逮捕されました。

 逮捕されたのは春日井市小野町の自営業・蛭川卓真容疑者(32)です。

 蛭川容疑者は今年5月、経営する自動車修理販売の店舗で、自動車の盗難防止装置を解除する電子機器「キープログラマー」を正当な理由なく所持していた疑いが持たれています。

「キープログラマー」は、車の電子キーのプログラムを複製し、ロックの解除やエンジンの始動も可能にするもので、自動車の盗難にも使われることから、正当な理由のない所持は愛知県の条例で禁じられています。

 家宅捜索では、携帯電話型に改造されたものが見つかっていて、調べに対し、蛭川容疑者は「僕のじゃないです」と容疑を否認していますが、警察は組織的な窃盗グループが関与しているとみて捜査しています。