自宅から見つかる…覚醒剤使用の罪で起訴された歯科医師の50歳男 大麻の所持容疑で再逮捕

カテゴリ:地域

 覚せい剤を使用した罪で起訴された岐阜市の歯科医師(50)の男が、大麻を持っていた疑いで再逮捕されました。

 再逮捕されたのは、岐阜市大菅北にある「ゆうあい歯科医院」の院長・眞鍋昇容疑者(50)で、11月14日、自宅で大麻を所持していた疑いが持たれています。

 岐阜県警などが11月14日、眞鍋容疑者の自宅を家宅捜索したところ、大麻が見つかったということで、容疑の認否については明らかにされていません。

 また眞鍋容疑者は、家宅捜索の際に尿検査で陽性反応が出たことから逮捕され、4日覚せい剤使用の罪で起訴されました。

 警察は覚醒剤や大麻を入手した経緯などについて詳しく調べています。