中海産の赤貝 カレーとコラボし新商品

山陰中央テレビ カテゴリ:地域

中海の特産品として売り込みを続けている赤貝。カレーとコラボした新たな商品が完成し、松江市役所でお披露目された。

お披露目された新商品はレトルトのカレー。

中海産のサルボウガイ(赤貝)が、メインの具材として使われている。

和風の味付けが一般的な赤貝だが、今回はカレーとコラボした。試食した松浦松江市長は「赤貝の味、弾力もちゃんと残っていていいですね」と評価した。かつて、中海で多くの漁獲量があった赤貝の復活と特産品化をめざして、養殖に取り組む漁協や地元のカレー店などが協力して商品開発を進めてきた。

中海漁協の外谷久人代表理事組合長は「年中、中海の味をいろいろな地域の人に食べていただきたいという点では、いい機会になったと思う」と述べた。

松江市などはこれまでにも赤貝の加工品の新商品を開発・販売していて、今回の新商品は第3弾、中海産の赤貝の生産や販路拡大につながればと期待している。

この赤貝カリーは1個700円(税込)で、1月19日から松江市の道の駅本庄で販売される。