またスマホ原因か 追突死亡事故の運転手「見ていた」

カテゴリ:地域

今月10日、掛川市の新東名で大型トラックが乗用車などに追突し乗用車の運転手が死亡した事故で、トラックの運転手はスマートフォンを見ながら運転していたことがわかった。

今月10日、掛川市原里の新東名上り線で大型トラックが前にいた乗用車やトラックに追突し乗用車の運転手が死亡した。

大型トラックを運転していた男は逮捕され、警察の調べに対し「スマホを見ていて前の車に気づかなかった」と供述していることが分かった。

また現場にはブレーキ痕がなく、警察は減速せずに追突したとみて調べている。

警察は男が勤務する運送会社を捜索し勤務状況についても調べている。