81歳の女子高生が卒業

テレビ大分 カテゴリ:地域

大分市の通信制高校で6日卒業式が行なわれました。卒業生の中には81歳の女性も。なぜ再び勉学に励んだのか「81歳の女子高生」の思いを取材しました。大分市で行われた通信制の府内高校の卒業式。晴れの日を迎えた卒業生の中にいたのが浜住律子さん81歳です。浜住さんは、現在大分市内の自宅で1人暮らしをしています。浜住さんは高校に通い始めた理由について次のように話しました。「やっぱり高校に行きたかった。なにか機会があればと思って」。日田市出身の浜住さんは両親の体調が悪く経済的に余裕がなかったため学校に通ったのは中学校まで。高校進学をあきらめ就職の道を選びました。結婚、出産、そして子育てを終え、旦那さんが亡くなった後「高校で学びたい」という思いが改めて強くなったと言います。一念発起した浜住さんは3年前に府内高校に入学。自宅で課題に取り組みながら週に1回、学校に通いました。孫よりも若い同級生と一緒に遠足に行ったりボランティア活動にも取り組んだそうです。6日の卒業式ではいくつになっても学び続ける姿勢が他の生徒の模範になったとして特別賞が送られました。無事に高校を卒業した浜住さん。 学ぶことの楽しさを次のように話しました。「知らないことを教えてもらう楽しさ、視野が広がっていったというのが大きな収穫。やっぱり勇気を出してそしたら道は開けると思う」。81歳の女子高生が迎えた卒業の日。浜住さんは高校生活の思い出を胸にこれからも様々なことに挑戦していきたいと話しています。