熊本県内ほとんどの中学校で卒業式 入学直後に熊本地震経験の生徒たちが旅立ちの日

テレビ熊本 カテゴリ:地域

熊本県内ほとんどの中学校で9日卒業式が行われました。益城町の益城中学校では3年生・230人が、保護者や在校生に見守られるなか晴れの日を迎えました。ことし卒業するのは3年前の4月、入学して間もなく熊本地震を経験した生徒たち。吉田明博校長は「被災し、心が折れそうになったとき前向きな気持ちにしてくれたのは君たちです。君たちの誠実さが多くの人に勇気を与えました」と、はなむけの言葉をおくりました。そして卒業生代表の生徒会長の垣田如月さんが熊本地震を通して得た経験を踏まえ答辞を述べました。益城町では9日、木山中学校でも卒業式が行われていて合わせて317人が旅立ちの春を迎えました。