大田市の物部神社で奉射祭

山陰中央テレビ カテゴリ:地域

「鬼」と書かれた的を矢で射抜き今年一年の無病息災を願う伝統の「奉射祭(ぶしゃさい)」が大田市の物部神社で営まれた。

大田市の物部神社は武道の神を祀る社として知られていて、奉射祭は毎年1月7日に今年一年の無病息災を願う事始めの大祭。本殿で神事が行われたあと、境内で「鬼」の文字が記された直径1メートル程の的をめがけ、射手(いて)と呼ばれる2人が弓に矢をつがえ放つ。的の鬼の文字は世の中の災いを表していて、矢が鬼の文字をみごと射抜くと今年一年の無病息災が叶うとされている。このあと地元の弓友会や中高生の弓道部による「的当て神事」が行われ、約40メートル離れた的をめがけ矢を放った。参加した人たちは小さな的へ神経を集中しながら今年1年の技術向上を願っていた。