顏に墨を塗りあう 伝統の「墨つけとんど」

山陰中央テレビ カテゴリ:地域

見物客も巻き込んで顔に墨を付け合い無病息災を願うユニークな伝統行事「墨つけとんど」が島根県美保関町でにぎやかに営まれた。

正月の松飾りやしめ縄などを焼くとんど焼きだが、松江市美保関町では魔除けとして顔に墨をぬり、無病息災を願う墨付け神事として250年以上つづいている。「チョーサダー」という独特の掛け声とともに方結(かたえ)神社から繰り出した神輿を担ぐ男性たち、それにつづき墨付け役の女性たちが誰かれ構わず顔に墨を塗っていく。神輿が10m以上あるとんど飾りの周囲を回るとクライマックス。担ぎ手ごと海へ入り身を清めると、新婚の男性や当番にあたる地域の人も次々と冬の海に担ぎ込まれる。墨を付けられると1年間は風邪を引かず、海難にも遭わないといわれており、普段は静かな港町は大勢の観光客で賑わった。