連休明けはクールビズでスタート

高知県内141の企業と団体では、連休明けの7日から「クールビズ」がスタートしました。

「クールビズ」は暑い夏を省エネで快適に過ごすため、軽装での出勤を推奨する環境省のキャンペーンです。

高知県庁で令和最初の業務にあたる職員たちもワイシャツ姿。

県内では10月末までクールビズが続きます。

新元号に変わって県庁は大忙しかとおもいきや…4月1日に新元号が発表されて以降、書類の書き換え作業などは連休前までにほぼ終わっているため、落ち着いた様子でした。