県民投票に向けて 県が条例案を議会に提出

沖縄テレビ カテゴリ:地域

普天間基地の名護市辺野古への移設計画の賛否を問う県民投票の実現にむけて県は、今月20日に県議会に条例案を諮ることを決めました。学生や弁護士、一部の経済界などで作る「辺野古」県民投票の会は、今月5日、各市町村の選挙管理委員会の審査で有効と認められた9万2千人分の署名を県に提出し、条例の制定を求めていました。14日の庁議で富川副知事は、「集まった署名数は必要数を大きく上回っており、今回の県民投票の実施には意義がある」として、条例案を県議会に提出することを決めました。臨時会は今月20日に開かれ、条例が可決された場合、6カ月以内に県民投票が実施されます。