沖縄県知事選挙が告示

沖縄テレビ カテゴリ:地域

翁長知事の死去に伴う県知事選挙が13日告示され、これまでに4人が立候補を届け出た。普天間基地の移設問題や振興策などを争点に激しい選挙戦が繰り広げられる見通し。

県知事選挙に立候補したのは届け出順に政府与党などが支援する前の宜野湾市長の佐喜真淳さん、オール沖縄勢力が支援する前の衆議院議員の玉城デニーさん、料理研究家の渡口初美さん、元会社員の兼島俊さんの4人です。選挙戦は佐喜真さんと玉城さんの事実上の一騎打ちとなる見通し。選挙では県民生活に関わる経済や福祉政策も争点となるが、普天間基地の移設に向けた工事が進む名護市辺野古沿岸部では埋め立て土砂の投入が迫っていて、選挙結果は今後の移設作業に大きく影響するものとみられる。

佐喜真さんは那覇市内で出陣式を行い、普天間基地の早期の閉鎖返還や政府との交渉力を活かした振興予算の確保を訴えた。

玉城さんは伊江島で出発式を行い、普天間基地の辺野古移設の阻止や補助金に頼らない自立型経済の確立などを訴えた。

県知事選挙は一部の地域を除いて今月30日に投票が行われ即日開票される。