カク“レイワ”ガニの展示

高知市の水族館で名前に新元号・令和が隠れた生き物が展示され、子供たちから人気を集めています。

昭和6年開館の桂浜水族館。人気のウミガメの隣に5月1日、令和第一号としてやってきたのが…

その名も「カクレイワガニ」です。

桂浜水族館は新元号・令和にちなんだ海の生き物の展示を企画。ようやくみつけたのが、高知でも見られるこのカニでした。

子供たちはカニを観察したり探したり、さっそく人気者になっていました。

しかしカクレイワガニの名の通り、昼間は岩の陰に潜むなど隠れることが好きなカニ。

思わぬ形で脚光を浴び少し迷惑気味?

桂浜水族館のカクレイワガニは5月6日まで展示される予定です。