いよいよ着工可能に? メガソーラー計画を伊東市が許可 条例適用めぐって市VS事業者対立つづく 

カテゴリ:地域

伊東市のメガソーラー建設計画で、市は9日事業者が求めていた宅地造成法に基づく申請を許可しました。

今後は工事に着手する時期が焦点です。

伊東市は宅地造成法の許可を2月に一旦出していますが、申請書類の数値に誤りが多数見つかり、事業者は数値や設計を変更し再度許可を求めていました。

市は9日この変更を許可したものの、先月施行されたメガソーラーの規制条例を適用し計画に同意しない方針です。

小野市長は会見を開き「条例でできる限りの事はしたい。最終的に(事業者名の)公表まである。経済産業省にも判断してもらいたいと思っている」と引き続き反対の姿勢を示しました。

事業者は条例の適用外になるとの認識を示していて、今後いつ着工するかが焦点ですが、着工できない場合は司法の場に判断をゆだねる構えです。