小児救急電話相談 沖縄県が対応時間を拡大へ

沖縄テレビ カテゴリ:地域

救急医療現場の負担を軽減するため、沖縄県は来月から子供の急な病気に対応する電話相談窓口の対応時間を延長する。

沖縄県が2010年から設けている小児救急電話相談#8000ダイヤルは、子供が夜間に急な病気や怪我をした際に専門の知識をもつ人が必要な処置など電話で対応する相談窓口。これまでの対応時間は午後7時から午後11時までだったが来月(10月)からは平日午後7時から翌朝8時まで、土日祝祭日は24時間の対応となり電話回線も2つに拡充する。沖縄では救急病院で時間外に外来で受診する割合が全国で最も高くなっている。また来月(10月)から子供の医療費の窓口での現物給付が始まるため医療機関を受診する人の増加が見込まれていて、県は電話相談の対応を充実させて救急医療現場の負担軽減につなげたい考え。