名優がまたひとり… 御前崎市出身の加藤剛さん逝く 静岡県のPRにも尽力

カテゴリ:地域

御前崎市出身の俳優の加藤剛さんが、先月18日胆のうがんのため亡くなっていたことがわかりました。

80歳でした。

加藤剛さんは御前崎市出身で早稲田大学を卒業後、俳優としてテレビ時代劇「大岡越前」や映画「砂の器」などに出演し、端正な顔立ちと知性あふれる演技で人気を博しました。

また1996年の静岡まつりでは大御所花見行列の大御所役を務め、2005年からはふじのくに静岡特使(現在の観光大使)として県の魅力を発信してきました。

葬儀は家族葬ですでに執り行い、9月に東京でお別れの会が開かれる予定です。