沖縄固有のメダカを守れ! 児童が繁殖プロジェクト

沖縄テレビ カテゴリ:地域

絶滅が心配される沖縄在来のメダカを守るため、うるま市の児童たちが校内の池で繁殖させる取り組みを始めた。

うるま市の沖縄アミークスインターナショナルでは、沖縄だけに生息する絶滅危惧種ミナミメダカ琉球型を繁殖させようというプロジェクトが進められている。昨日、子どもたちは50匹のメダカを校内の池に放し、水をきれいにして外来生物を入れないことなどを確認した。

児童は「長生きして元気に痩せないで死なないでほしいと思います」「毎日毎日ここにきてみて観察してもしメダカがおなかすいているようだったら世話してあげたいなって思います」などと話した。

プロジェクトを企画した沖縄美ら島財団の徳武浩司さん「身近なところの自然の大切さとか希少さとか興味を持つきっかけになればよいなと思います」と話した。

子ども達は何年先もメダカが生き続けられるように見守りたいと気持ちを新たにした。