手紙を自宅の車のワイパーに挟むことも…パチンコ店で知り合った女性に“ストーカー” 60歳男逮捕

カテゴリ:国内

 パチンコ店で知り合った女性に手紙を送り続けるなどストーカー行為を繰り返したとして、愛知県瀬戸市に住む60歳の無職の男が逮捕されました。

 逮捕されたのは、愛知県瀬戸市に住む無職・浅野茂容疑者(60)です。

 浅野容疑者は今年7月8日ごろから10月24日ごろにかけ、知人で当時45歳の女性に対し、手紙を自宅に停めていた車のワイパーに挟んだり、郵送して読ませるなどしたストーカー規制法違反の疑いが持たれています。

 浅野容疑者と女性は10年以上前に客として訪れていたパチンコ店で知り合い、お互いに金銭やパチンコ玉の貸し借りしたり食事に行く仲だったということです。

 7月8日ごろに車のワイパーに挟まれていた手紙には、「こんなひどい裏切りをされたのは初めてです。返して貰わないと気が済まない。警察にまで行ったんだから貴女も全部返してから終わりにして下さい」などと書かれていて、浅野容疑者は7月27日に警察から警告を受けましたが、その後も卑猥な言動を書いた手紙を女性の自宅に郵送するなどしていました。

 女性は以前にも浅野容疑者からのストーカー被害に遭っていて、警察は2016年9月11日に浅野容疑者に1回目の警告。その後は、しばらくの間ストーカー行為はなかったということです。

 警察の調べに対し、浅野容疑者は「付きまといなどをしたことに間違いありません」と容疑を認めているということです。