6玉1万円超! 柑橘の女王「せとか」初競り

テレビ宮崎 カテゴリ:地域

甘くて柔らかい柑橘類、「せとか」の初競りが宮崎市で行われ、6玉1万円超の高値で競り落とされました。

「せとか」は、「清美」など5つの柑橘類を掛け合わせて作られ、果肉が柔らかくジューシーで温州みかんより糖度が高いのが特徴です。

主な産地は愛媛県や長崎県で、県内では日南市や串間市などでハウス栽培されています。

10日は、初競りを前に仲買人などが試食をして味を確かめました。

初競りでついた最高価格は、1箱6玉入りで1万1千円。

去年の台風の影響で収穫量が少ないこともありこれまでの最高値での取引となりました。

JAはまゆう・せとか研究会の古屋修市会長

「”せとか”は、まだまだマイナーな品種だと思う。柑橘業界では「ミカンの大トロ」「柑橘の女王」と言われる素晴らしい品種で、みなさんに召し上がっていただきたいと思います」

宮崎県内の主要産地、JAはまゆうの管内では来月上旬に収穫出荷のピークを迎え、今シーズンは去年より5トン少ない、およそ20トンの収穫を見込んでいます。