受験勉強の指導中に小6長男を包丁で殺害…弁護側「事故の可能性ある」一審“懲役13年”の父親の控訴審

カテゴリ:国内

 名門私立中学の受験勉強をめぐり息子を殺害したとして、一審で実刑判決を受けた父親の控訴審で、弁護側は傷害致死罪の適用を主張しました。

 元トラック運転手の佐竹憲吾被告(51)は、2016年8月、名古屋市北区の自宅で中学受験の勉強の指導をしていた際に、当時小学6年生の長男・崚太くん(当時12)の胸を包丁で刺して殺害した罪に問われています。

 一審の名古屋地裁は、佐竹被告の「殺意」を認定し、懲役13年の実刑判決を言い渡しましたが、弁護側が控訴していました。

 8日開かれた控訴審の初公判で、弁護側は「事実誤認があり、事故の可能性がある」などとして改めて殺意を否定し、傷害致死罪の適用を求めました。

 一方、検察側は公訴棄却を求めました。

 判決は11月27日に言い渡されます。