定時性アップへ呼びかけ 「バスレーンに入らないで」

カテゴリ:地域

通勤や通学の時間帯に路線バスが時間通り運行できるよう、ドライバーに「バスレーンに入らないで」と呼びかけるキャンペーンが静岡市葵区で行われた。

このキャンペーンは24年前から毎年行われていて葵区の中心街では通勤・通学の時間帯に合わせバス会社や市の職員がのぼり旗を掲げて一般ドライバーにバスレーンに入らないよう呼びかけた。

バスレーンは主に左側の車線にある優先通行帯で、一般車両は通れない「専用レーン」とバスが優先される「優先レーン」がある。

しずてつジャストラインの井口琢海さんは「多くの方がご利用される公共交通機関なので、ぜひ朝の時間帯に限って優先レーンを使わせていただき定時性の確保にご協力を」と呼びかけた。

特に優先レーンは一般車両の通行が多、路線バスが時間通りに運行できない問題が起きていて、関係者は一般ドライバーに理解を求めている。