杉本前副知事 近く知事選出馬を表明へ「熱い思い聞いた」~福井・地方議員団が要請

福井テレビ カテゴリ:地域

来春の福井県知事選をめぐり、前副知事で総務省公務員部長の杉本達治氏(56)に出馬を要請しようと、県内の地方議員の有志らが31日、上京。要請を受けた杉本氏は「皆さんの熱い気持ちを聞いた」と述べ、出馬に前向きな姿勢を見せました。近く正式に出馬を表明するとみられます。

この日は、県議会と10市町議会の自民党系議員で発足した議員連盟のメンバーのうち25人が、都内のホテルで杉本氏と面会しました。

要請は非公開で行われ、終了後、杉本氏と要請側の議員連盟会長、斉藤新緑県議が取材に応じました。杉本氏は「今は現職の公務員で政治的発言はできないが、福井を憂う皆さんの熱い気持ちを聞いた」と前向きな姿勢。また、要請した斉藤県議は「(出馬への)直接の言葉はなかったが(出馬の意思感じる)最大の言葉だ」ととらえていました。

関係者によりますと、杉本氏は近く総務省に辞表を提出し、正式に出馬表明するとみられます。

現在、総務省公務員部長を務める杉本氏は、福井県の総務部長のほか、2013年から2016年まで副知事を務めました。

来年春の知事選をめぐっては、29日に西川知事が5選を目指して出馬する意向を表明しているほか、共産党が候補者擁立を検討しています。