普天間第二小学校に”避難施設”完成も・・・戸惑い

沖縄テレビ カテゴリ:地域

普天間第二小学校のグラウンドに完成したのがこちらの避難所です。きっかけになったのは去年12月アメリカ軍のヘリから窓が落下した事故です。学校側は新学期早々にこの施設を使った避難訓練を予定しているということです。

先月31日に完成した施設はコンクリート製で、一度に1クラス分およそ40人から50人の子どもたちが避難できる広さです。学校現場では、避難場所の完成で子どもたちの安全が少しでも確保されたとする一方、学校の中にこうした施設があること自体異常だと戸惑いの声が上がっています。普天間第二小学校は今月12日に全校児童を対象にした安全集会を実施したあと、この施設を使った避難訓練を行う予定です。