暖冬で咲き始め早く 河津桜まつり始まる

テレビ大分 カテゴリ:地域

大分県津久見市に春の訪れを告げる「豊後水道河津桜まつり」が3日から始まりました。豊後水道を見下ろす津久見市の四浦半島では、地元のボランティアなどが植えている河津桜が毎年この時期からピンク色の花を咲かせ始めます。3日は川野市長など関係者が参加して開会式が行われ、河津桜の花びらを使ったゼリーや、葉を使った桜餅など、期間中に販売される商品が紹介されました。桜の数は年々増えていて、現在は5000本以上。今はまだ、咲き始めですが暖冬の影響で去年より少し早く、2月中旬頃には見ごろを迎えそうだということです。「豊後水道河津桜まつり」は3月3日まで行われています。