大型で猛烈な台風19号 非常に強い勢力保ったまま12-13日にかけて東日本に接近・上陸の恐れも

カテゴリ:国内

 大型で猛烈な台風19号は、12日東海地方に最接近する見通しです。この台風の影響で東海道新幹線では運休も予定されています。

 大型で猛烈な台風19号は10日午後6時現在、父島の南西を北上していて、非常に強い勢力を保ったまま12日から13日にかけて東日本に接近し、上陸する恐れもあります。

 東海地方には12日の午後に最接近する見通しで、週末は猛烈な風による暴風や警報級の大雨が予想されています。

 雨は11日夜から雷を伴なって激しく降り、12日午後6時までの24時間に予想される降水量は、愛知と岐阜で100ミリから200ミリ、三重で300ミリから400ミリとなっています。

 またJR東海は12日の東海道新幹線の運行について、昼前ごろから本数を減らしたり運休したりすることを予定していて、週末は混乱が予想されます。