夏の甲子園 愛媛代表・済美は星稜に大逆転で3回戦進出

テレビ愛媛 カテゴリ:地域

夏の高校野球甲子園大会に愛媛代表で出場している済美高校は12日、石川の星稜高校と対戦し、延長13回のタイブレークにもつれ込む劇的な大逆転劇を見せた。初回に済美のエース山口が、1アウトから5本の長短打でいきなり5点を奪われる。そのあと、8回表まで7対1と大きくリードされるが、ここから済美が猛攻。5本のヒットとデッドボールなどで一気に1点差に追い上げると、ここで9番政吉。政吉の3ランホームランで済美が逆転に成功。しかし、9回に星稜に同点に追いつかれ、そのまま試合は13回までもつれ込み、今大会2回目のタイブレークに。ノーアウトランナー2塁1塁からのスタートに星稜に2点を奪われる。その裏の済美、先頭の政吉が絶妙のセーフティバントで1塁はセーフ。満塁とし、バッターボックスには1番矢野。矢野の劇的な逆転サヨナラ満塁ホームランで済美が星稜を敗り、去年に続いて3回戦進出を決めた。