百人一首で高校生が熱戦

テレビ大分 カテゴリ:地域

大分市内の高校では新春の恒例行事・百人一首大会が行なわれ、生徒たちが熱い戦いを繰り広げました。大分市の大分東明高校では毎年、3学期の始業日にあわせて百人一首かるた大会を開催しています。きょうはおよそ1700人の生徒が3つの会場に分かれ、クラスの選抜チームによる対抗戦を行いました。振袖姿の生徒が上の句を読み始めると、あちらこちらで札を叩く音が響き熱戦が繰り広げられていました。冬休み中に短歌を暗記して来た生徒もいて、札を取るすばやい動きにクラスメイトから歓声が上がっていました。