神社で書初め ことしの一文字は…

テレビ大分 カテゴリ:地域

大分市の県護国神社では2日、大分高校書道部の生徒たちが毎年恒例の書初めのパフォーマンスを披露しました。神社が募集した「ことしの一字」、553通の中から最も多かった漢字を音楽に合わせて書いていきます。完成したのは「新」という文字。平成から新たな元号になる年ということでこの字を選んだ人が多かったそうです。作品はことし1年神楽殿に飾られる予定です。