福井国体・重量挙げ 木下選手 日本新を大幅更新で国体連覇

福井テレビ カテゴリ:地域

福井しあわせ元気国体7日目の5日、小浜市で行われているウエイトリフティング競技で、県勢の木下竜之選手(県スポーツ協会)がスナッチで日本新記録を樹立し、国体連覇を果たしました。

成年男子85キロ級に出場した木下選手は、バーベルを一気に頭上にあげる「スナッチ」が得意種目。去年の愛媛国体では、ひとつ重い階級の94キロ級を日本新記録で制し、85キロ級で臨んだ福井国体でも日本新記録が期待されました。

木下選手は、他の選手を上回る149キロからスタートしますが、1回目の試技でまさかの失敗。しかし、2回目で成功し、この時点で優勝を確定しました。

そして迎えた最後の3回目。会場の期待を一身に背負い、159キロの日本新記録へ挑戦。期待に応え、見事、日本新記録を樹立しました。

木下選手は、バーベルを一度肩まで引き上げてから頭上に持ち上げる「クリーン&ジャーク」でも5位入賞し、トータルでも優勝しました。

優勝後のインタビューで木下選手は「優勝は確信していた。記録をもっと伸ばしたかったが、これからのテーマにしていきたい」と意気軒高に語りました。