岡山県新年度当初予算案まとまる 過去10年で最大に【岡山】

カテゴリ:地域

岡山県の新年度当初予算案がまとまりました。一般会計の総額は7464億円余りで、過去10年で最大となった今年度の当初予算をさらに上回りました。

新年度当初予算案は一般会計の総額で7464億5700万円で、過去10年で最大だった今年度の当初予算より116億円余り、率にして1.6%上回りました。西日本豪雨に関する費用は、緊急の大型復旧事業が進んだことなどを受けて、今年度の当初予算より61.7%減ったものの、47の事業に119億3700万円を計上しています。加えて氾濫リスクを抑えるために河川を整備する事業に、知事査定で2億円上乗せし、10億円を確保しました。最終年度を迎える県政運営の指針、「新晴れの国おかやま生き活きプラン」には、全体で1539億円、特に重点的に取り組む70事業に174億2600万円を充てました。このほか聖火リレーの実施など、東京オリンピック・パラリンピック関連で15事業に1億5600万円などとなっています。新年度当初予算案は、2月25日に開会する2月定例県議会で提案されます。