五箇山に秋の訪れ 城端むぎや祭

富山テレビ カテゴリ:地域

南砺市の秋の風物詩「城端むぎや祭」が15日開幕し、五箇山民謡の哀調を帯びた旋律と勇壮な舞が多くの観光客を魅了している。

今年で68回を数える「城端むぎや祭」、風情ある通りを舞台にした「街並み踊り」の会場では、地元の団体が菅笠を使った「むぎや踊り」を披露した。富山を代表する民謡「麦屋節」の哀調を帯びた旋律と勇壮な舞を見ようと、多くの観光客が訪れた。

一方、むぎや踊りとは趣が異なり、軽快な音楽が響いたのは「じゃんとこいむぎや」の会場。麦屋節などを現代風にアレンジした曲にあわせ、創作的な踊りを披露した。地元の小学生をはじめ、県の内外から25チームが出場し、エネルギッシュなパフォーマンスを見せた。

城端むぎや祭は9月16日まで。