森林イベントで親子が間伐体験

山陰中央テレビ カテゴリ:地域

親子で自然と触れ合う森林体験イベントが松江市のふるさと森林公園で開かれた。

このイベントは自然と触れ合うことで環境保全の大切さを知って貰おうと中国電力が3年前から毎年開催している。島根県内から参加した親子12組が、木を間引いて森の過密化を防ぐ間伐を体験。高さ15メートルのヒノキの伐採に挑戦した。親子はチェーンソーで切り込みを入れた木をロープで引っ張り、木が倒れると「ヤッター!」と歓声をあげていた。参加した女子児童は「去年は倒れなかったけどきょうは倒れて良かった」と話していた。また参加者は間伐材で作られた炭を使い、焼き芋作りも体験。自然と触れ合った。