小野寺防衛大臣 9日の聴聞へ「作業加速」

沖縄テレビ カテゴリ:地域

剣ヶ峰に立つのは沖縄県か、それとも国か…普天間基地の移設計画をめぐり双方の神経戦が展開されています。小野寺防衛大臣はきょうの会見で、県が名護市辺野古沿岸部の埋め立て承認の撤回に向けて設定した9日の聴聞に応じる意向を示しました。

小野寺防衛相「防衛省としてはこのような状況を踏まえ当該期日に向け所要の作業を加速してまいりたいと考えております」小野寺大臣はこのように述べる一方、聴聞の期日に職員が出向いて意見陳述するか、書面を提出するかは今後検討した上で適切に対応する考えを示しました。埋め立て承認の撤回に関し防衛局の言い分を聞く「聴聞」の期日について、防衛局は来月3日以降への延期を求めましたが、きのう県はこれを拒否しました。早ければ今月17日とみられる埋め立て土砂の投入を前に、県と国のせめぎ合いが続いています。