朝鮮半島から漂流か 秋田県三種町の砂浜に木造船が漂着

秋田テレビ カテゴリ:地域

秋田県三種町の砂浜に12日、木造船が漂着しているのが見つかりった。船内に人は確認されず、警察などがどこから漂着した船か調べている。

木造船が漂着したのは、秋田県三種町芦崎の砂浜。秋田海上保安部などによると、木造船は長さ約12.6メートル、高さ約2.5メートルで、船内には網や釣り針がありイカ釣り漁船と見られる。船首に白地に赤で数字が書かれていて、船が北朝鮮から漂流した可能性があるとして調べている。秋田県沿岸では2018年、朝鮮半島から来たとみられる漂流・漂着船が過去最も多い30件報告される。9日にも八峰町で木造船一艘が漂着しているのが見つかっている。