「ものがたり列車」が高知へ!

乗車率90%を超えるJR四国の人気観光列車「ものがたり列車」がついに高知でも運行されることが決まりました。

JR四国が運行する四国第一弾の観光列車、愛媛県の「伊予灘ものがたり」は洗練された落ち着いた車内や車窓から見える絶景、地元の旬の食材を使った贅沢なグルメが人気を呼んでいます。

「ものがたり列車」はこれまで高知を除く四国3県で運行していましたが、来年の春高知にもやってくることに。

その名前は『志国土佐 時代(とき)の夜明けのものがたり』

車両は明治から未来へ、トキの夜明けをイメージしています。定員50人の2両編成で1両目は明治時代の黒船、2両目は未来の宇宙船がモチーフ。中央には「志をつなぐ夜明け」を意味する月を描いています。

これまでのものがたり列車と大きく違う点は、地元の高校生やボランティアガイドが車両に乗り込みガイドすることです。

四国第3弾となる「志国土佐 時代の夜明のものがたり」は来年の春から、土日祝日 高知~窪川間を1日1往復の予定で運行します。

新たな物語の旅へ出かけてみてはいかがでしょうか?