核のごみ、放射性廃棄物の 地層処分に関し説明会

富山テレビ カテゴリ:地域

原子力発電で課題となっている、放射性廃棄物の地層処分に関する説明会が富山市で開かれた。

この説明会は、国の資源エネルギー庁が、原子力発電によって生まれる放射性廃棄物、

いわゆる「核のごみ」の地層処分について理解を深めてもらおうと、全国各地で開いている。

6日は、自治体の担当者に向けて、高レベル放射性廃棄物をガラスで固めて地下に埋める

「地層処分」の仕組みや安全性について説明された。

地層処分では、地下300mよりも深く安定している岩盤に放射性廃棄物を埋めることで、

地上で保管するよりも安全上のリスクや保管後の負担も小さいという。

資源エネルギー庁では、今回の説明会は、自治体に処分場の受け入れを求めるものではないとし、

対話型の説明会を通して地層処分への理解を深めていきたいとしている。