台風10号 15日には四国上陸の見通し 三重県南部の多い所で総雨量が1000ミリ超える恐れ

カテゴリ:国内

 大型の台風10号の接近に伴い、東海地方は大雨などに警戒が必要で、特に三重県南部では多いところで総雨量が1000ミリを超える恐れがあります。

 台風10号は、14日午前10時現在、種子島の南東およそ280キロを時速10キロの速さで北西に進んでいて、15日には四国地方に上陸する見通しです。

 台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込む影響で、東海地方は大雨となる恐れがあります。15日午前6時までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで三重県で500ミリ、愛知県で100ミリと予想されています。

 特に三重県南部は台風による総雨量が多いところで1000ミリを超える恐れがあります。

 海上も大しけとなる見込みで、気象台は土砂災害や高波などへの警戒を呼びかけています。