7台が次々と・・・秋田自動車で200メートル圏内で同じ時間に7台が事故

秋田テレビ カテゴリ:地域

7日未明秋田県横手市の秋田自動車道で車7台がそれぞれワイヤーロープに衝突するなど事故が相次いで発生した。事故があった区間は7時間にわたり通行止めとなった。

事故があったのは横手市大雄の秋田自動車道の下り線で7日午前3時半すぎセンターラインのワイヤーロープに突っ込んだ普通乗用車に後続の大型トラックが追突した。また同じ現場でトラック2台がそれぞれワイヤーロープに衝突した。そしてそこから100メートルほど離れた場所でワイヤーロープに突っ込んだトラックに後続の軽乗用車が追突したほかそこから30メートルほど離れた地点で大型トラックが道路脇に衝突した。約200メートルの区間で同じ時間帯に合わせて7台の事故が起きなかった。けが人はいなかったが秋田自動車道の大曲インターチェンジと横手インターチェンジの間が7時間にわたり全面で通行止めとなった。