沖縄県産モズク 過去3番目の豊漁

沖縄テレビ カテゴリ:地域

全国シェアの9割を占める県産モズクの今年の生産量は11年ぶりに2万トンを超え過去3番目の豊漁となった。

県によりますと今年の県産モズクの生産量は前の年より16%あまり増えた2万1031トンとなった。2万トンを超えるのは2007年以来11年ぶりで過去3番目の豊漁。漁協ごとにみると、加工施設が新たに整備された久米島漁協や八重山漁協で前の年より2倍以上に増えた。県は台風のリスクを回避するため、12月から3月にかけて「早摘みモズク」としてモズクを収穫していることが安定した生産につながったと分析していて、今後も生産量の増加と消費拡大に向けて取り組みたいとしている。