富山湾の秋の味覚・ベニズワイガニが初水揚

富山テレビ カテゴリ:地域

富山湾の秋の味覚・ベニズワイガニ漁が解禁となり、初水揚げされた。

初競りは、射水市新湊漁港で行われ、色鮮やかなカニと競り人の威勢のいい掛け声に港が活気づいた。

漁が、1日解禁となり、平日となった3日未明、新湊漁港から5隻が出港した。

水深900メートル近くの深海から、カニかごを引き揚げると

中には、鮮やかな赤色をしたベニズワイガニが10匹以上も入ったかごもあった。

獲れたベニズワイガニの中でも、重さ1キロ以上、甲羅の幅が14センチ以上の大物は

「極上、高志の紅ガニ」のタグが付けられ高値で取引される。

水揚げされたベニズワイガニは、去年の倍近くの豊漁で、漁港の初競りには4160杯が

サイズ別に並べられ、午後1時に競りがスタートした。

競り人の掛け声に合わせ、仲買人がお目当てのカニを次々と競り落としていた。

漁協によると、浜値は去年より2割ほど安い価格で取り引きされ、

地元の料理店や飲食店、すし店、スーパーなどの小売店に出回った。

ベニズワイガニ漁は11月中旬から来年1月ごろにかけて最盛期を迎え

5月まで行われる。